【徹底調査】200vの動力電源の電気代が高いので節約したいという人へ

はいどーもーこんにちわ(^O^)/あーるすです☆

今日は”200Ⅴの動力電源の電気代が高いので何とか安くしたい”と思ってる人に向けて、「一定の条件を満たせば安くなりますよ」という内容の記事です。


【どんな方法で?】

  • 電子ブレーカーを導入する。
  • 主開閉器契約(ブレーカー契約)に変更する。
  

これを電子ブレーカーの会社にやってもらうだけです。




【条件というのは?】

  • 契約電力(容量)が10kw以上。
  • 200vを使う機械が複数台あること。
※契約電力は電気料金の検針票に書いてあります。
  

例えば、
  • 200vのコンプレッサーやバンドソーとか複数台使っている。
  • マンションでエレベーターとポンプと電気式の駐車場がある。
  • 自動車工場でリフトが何個かある。

というような状況が対象です。


なので、
対象となるケースは限られてくるんですけど、もし知り合いに該当する人がいたら、節約できるよって教えてあげてくださいね。


では、少し詳しく説明していきます。





200Ⅴの動力電源の電気代は基本料金が高い?


①電気代イメージ

100vの通常の電気代はそこまで気にならないんですけど、なんか200vの動力電源の電気代って基本料の方が高い気がするんですよね。

実際に基本料の方が高いって人が結構います。

それと、
200vの動力電源って特殊な機械を使う場合だけって感じがするんですけど、一般家庭でも大きめのクーラーを取り付けると200vを引き込んで設置してたりするので、案外身近なことになってきています。

田舎の方だと、
クーラーとお米の乾燥機で200vの動力電源を使う機械が2台になりますからね。



200Vの動力電源の電気代基本料金を安くしたい


②安くならないか

だから、当然200vの動力電源の基本料は安くしたいと思いますよね。

そこで、
インターネットで調べてみると、200v動力電源の基本料金を確実に安くする方法がありました

ただし、それには一定の条件があります。



200Ⅴの動力電源の基本料金は安くなります。


③安くなる

200vの動力電源の基本料金は安くするためには条件が2つだけあります。

条件というのは

契約容量(契約電力)が10kW以上で200vの動力電源を使う機会が2台以上


この条件に合っていれば200vの動力電源の基本料金は確実に安くなります。


節約額の目安は、契約電力(容量)が1Kw下がるにつき大体800円安くなります。

(例)一般的なマンションで、エレベーター・給排水ポンプ・機械式駐車場で200vの動力電源を使っていて、契約電力(容量)が32kWだったのが、契約電力(容量)12kWまで下げれたケース。

その差は契約電力(容量)-20kW。

-20kW×800円=-16,000円/月

ということで、
1月あたり1,6万円で、年間19,2万円ほどコストダウンに成功した事例もあるようです。

逆に、
条件を満たしてない人はここで読むのをやめておいた方が良いと思います。

多分けっこうな時間の無駄になると思います。



電力会社は変えなくてもいいです。


電力会社は変えなくていい

電力会社は今契約している会社のままで変更する必要はありません。

何を言いたいかというと、
2016年に施行された電力自由化の波で、都合のいいところだけピックアップして、無責任に電力会社を変えるようにすすめる話ではないということです。

晩御飯食べてたら電話がかかってくるアレとは違うということです。

※でもよく調べてみると電力会社を比較すれば安くできるみたいですね。
・【電力比較サイト】スイッチBizは←コチラ。



電力契約を主開閉器契約に変更します


負荷設備契約と主開閉器契約

電力会社は今契約している会社のままでいいんですけど、200v動力電源の契約方式を主開閉器契約に切り替えます

(左)負荷設備契約は全部の機械を同時に稼働した時の電力を元に計算されます。
【負荷設備契約】
これは、
すべての機械を同時に動かしても大丈夫な安全契約で、その分基本料は高くなります。

→というよりすべての機械を同時に動かすということはほぼないので、安全ですけど結構無駄があるという契約とも言えます。


契約時に特に何も言わなければ200Vは負荷設備契約になってます。


(右)主開閉器契約はブレーカーの大きさを基にして基本料が計算されます。
【主開閉器契約】
これは、
ブレーカーの許容量で基本料金が決まるので、容量の小さなブレーカーにすることで基本料金を下げることができます。

→ブレーカーの許容量内で機械を使うことになるので、ブレーカーの許容量を超えてしまった場合には、ブレーカーが落ちます。


ブレーカーを小さくして基本料が安くなるのはいいけど、機械が使えなくなる心配がありますよね。



電子ブレーカーに換えればいいんです


電子ブレーカーに換えればいいんです

主開閉器契約にして、ブレーカーを小さくすれば、200vの動力電源の基本料金が安くなるのはいいんですけど、ブレーカーが落ちてしまっては何の意味もありません。

そこで必要になるのが電子ブレーカーです。

電子ブレーカーは機械を使用するタイミングを計算し、ブレーカーが落ちないように電子制御するブレーカーです。

無料見積もりボタンから無料見積もりを申し込むと、3営業日以内にネオコーポレーションから電話があって、仮見積もりをして、条件を満たしてそうならば、本見積の申し込みをします。

そして、
本見積りに来た担当者が実際の稼働状況を念入りにチェックし、計算して、その使用環境にあった容量の電子ブレーカーを選び出し、電気の基本料金が安くなるプランを立ててくれます。




負荷設備契約と主開閉器契約の比較


負荷設備契約と主開閉器契約の比較

200vの動力電源の基本料金の計算式は結構シンプルです。

200v基本料金の計算式

基本料金=契約電力(容量)×電力単価×力率

※1 契約容量(契約電力)
①負荷設備契約では全部の機械を同時に使用した場合の電力を基に算出されます。
②主開閉器契約ではブレーカーの大きさ(許容電流=最大アンペア)を基に算出されます。
※2 電力単価はそれぞれの電力会社によって違います。上の例は東京電力です。
※3 力率は電気を使う機械の台数や使う電力の総量によって変わります。


変更して実際に安くなった例


変更して実際に安くなった例

これがネオコーポレーションの主開閉器契約&電子ブレーカー導入で200V動力電源の電気代の基本料金が安くなった実績です。


⑩電気代削減 成果

これは”電子ブレーカー”で検索した時にスニペットで表示される「電気料金削減ドットコム」のHPに紹介されていた電力削減実績です。


📌【memo】
瞬間の必要電力が大きくて、同時に稼働する機械が少ないほど、削減できる電力が大きくなります。


※これは主開閉器契約&電子ブレーカー導入でコストカットできた金額ということで、電子ブレーカーを一括購入した場合は全額が節約できた金額になりますけど、リース契約をした場合は、ここから電子ブレーカー代が差し引かれる点は注意が必要です。


電子ブレーカーって高いんじゃないの?


電子ブレーカーって高いんじゃないの?


この200v動力電源の電気代の基本料金が安くなる話ですけど、
最大のポイントは電子ブレーカーを導入するかどうか


なので、
この電子ブレーカー自体の値段が超重要です。

高額なのは想像できますけど、どれくらいの金額なのかはこの業者間の申し合わせで、オープン価格ということになっていて、販売する会社が決めることができます。

なので、電子ブレーカーを実際に導入した人たちのレビューから様子を探ってみます。


実際に導入した人のレビューを調べた


なので、
実際に導入した人のレビューがないか探してみると、ヤフーの知恵袋に沢山乗せられていたのでそれを紹介します。

だいたい知恵袋に挙げられている内容は大きく分けて4つでしたね。


ヤフー知恵袋の質問の種類

①リースに関する疑問・不満
②リース終了前と耐用年数終了前の業者からの連絡
③業者の態度
④お金のこと


では一つずつ見ていきます。


リースに関する疑問・不満


・電子ブレーカーは高い。うん十万円・・・
・リース契約するか一括買取するか。
・リースはレンタルとは全く違い途中で解約はできない。
・リースにすると電子ブレーカー自体はリース会社の所有物。
・リースは借りて使っていることになる。
・リースにするとメンテナンス費用がかかる場合がある。
・リース期間は7年契約が多い。
・リース期間終了後は再リース制度がある。
・再リース料は年額=リース月額×1年分×1/10という決まりで最長3年間。
・※月6000円なら6000×12÷10=7200なので、年間7200円で借りられる。


リース終了前と耐用年数終了前の業者からの連絡


・電子ブレーカーの耐用年数は大体10年。
・リース7年+再リース3年で電子ブレーカーの耐用年数10年になる。
・電子ブレーカー設置から10年に近くなると、製造元の電子ブレーカーメーカーから、電子ブレーカーの保守点検・基盤検査の電話が凄くしつこくかかってくる。
・7年間は1度も検査なんて来なかった。
・検査に来たら部品交換をしないと大変なことになると半ば脅された。
・リース会社から部品交換やメンテナンスをしないと法律に反するから点検をすると言ってくる。


業者の態度


・現地調査に来てくれた時の質問事項が細かくて多かった。
・現地調査に来たけどちょっと見てすぐに帰っていった。
・電子ブレーカーの販売業者は営業の入れ替わりが激しくて、担当者の当たり外れある。
・凄く丁寧に説明してくれて、時々「ちゃんと動いてますか?」と確認の電話もあって「こんなに親切な会社なら今後ともお願いしたい」。
・キャンセルの電話をしたら、OKだったがガチャンと切られた。


お金の話


・文句を言ってる人でも「確かに安くはなった」と言っている。
・中には「全然安くなった感じがしない」という人もいる。
・「リース料がかかる」

ということで心配なクレーム系を主に上げてみました。

これが実際に導入された方々の感想です。


レビューを見て思うこと


ヤフー知恵袋の質問を読みまくってまず思ったことは2つ。

①200vの動力電源の電気代基本料が安くなるということは間違いない。
②電子ブレーカー自体に関する不満や故障トラブルがない。


そもそもの目的は、200vの動力電源の基本料金を安くすることなので、この2点がクリアできているというのは大きなポイントです。

そして次に気になる点は『リース契約について』
・リース契約についてはこちらで解説しています。


最後にレビューやクレームは、
・自分の思惑と違う時に書くことが多い。
・特に問題が無ければ書かない。

ということを考えれば、契約時の対応に問題があったという事が分かります。

契約時の対応が問題という事は、「とにかく契約を取ってくる」的な強引な売り込みをしている業者がいるということです。

この業者選びに関しては、
大手メーカーと契約すれば心配する必要はなくなります。

そうなれば、
あとはシンプルに契約した期間は金銭的な恩恵を受けられるわけです。

【業者の見極め方はこちら】

あとは
契約時の確認と書面に残すことが大事

①電子ブレーカーの代金をどうやって支払うか?
②リース契約とは何か?
③リース料以外費用は掛からないか?
④契約期間が終わった後はどうなるか?

ということを現地調査に来た担当者の人にきちんとたずねて、営業担当者の責任の下で書面にも残してくという点ですね。


やってはいけないこと。

細かい字の約款見せられて、「ここに印鑑押してください。」「はい分かりました」ということだけ無いように気を付けて、しっかり説明を聞いて、納得をして契約すれば、シンプルに電気の基本料金が安くなるという話です。

契約期間終了後の事の確認

あとは再リース3年間はお得なので、そういうのはあるのか確認して、あれば受けておいて、再リース終了後に元に戻すか、別の情報を仕入れておくかすればいいだけのことだと思いました。


\納得がいけば、さあ見積り!/



今回の話のポイントをリスト化


ここまで掘り下げて話を進めてきてようやくポイントがつかめたのでまとめます。

  • 主開閉器契約と電子ブレーカーで電気代は必ず安くなる
    ※これは動かない事実です。

  • 後はイメージの問題になります。

  • 電子ブレーカーは高額製品
  • 一括で買うかリース契約にするか
  • リースの場合は電気代の差額からリース料を支払う
  • 差額がリース料より出ない場合は契約しない


  • 月々の支払いはいらないというイメージに対してのリース料
  • 現実は使用者の負担はゼロで電気代も安くなっている
  • 負担ゼロなのに支出をしているという感覚
  • 事前に説明されているが覚えてないと言う人がいる


  • 電子ブレーカーには安全に使用できる期間がある
  • 安全に使用できる期間が終わり頃に点検・検査をすすめられる。
  • 使用期限を過ぎた時の万が一の事故が起きないための点検・交換
  • メーカーは安全のための検査/悪意のリース会社は再契約を取るための検査
  • 安全のために危険を強調する/再契約を取るために危険を強調する
  • 意図が分からずどちらも脅しと受け止める


だいたいこんなとこかと思います。


この記事の結論

条件が合えば絶対に安くなる。
条件に合わなければ成立しない。


ものすごくシンプルなことになりましたけど、結局そういうことです。

個人的にはめちゃくちゃおすすめな話なので、ぜひ無料見積もりをしてもらってほしいと思います。

迷いがあるならそれに対して少しでも背中を押せれば幸いです。やるだけやってみましょう。

契約は納得した場合のみ
\見積りは無料。/




それではあなたの電気代が安くなることを本気で願っております。

では、また(^O^)/

2020/5/17 記事作成 2020/10/23 更新


関連記事
スポンサーサイト



【Amazonで見る】【楽天で見る】【Yahoo!ショッピングで見る】ボタンは即購入ではありません。