チェーンオイルと混合油(燃料)を入れ間違えた時の対処法【壊れてないので大丈夫】

こんにちわ、あーるすです☆

今日は、
チェーンオイルと混合油(燃料)入れ間違えた時の対処法をお伝えします。


愕然とする女性イラスト

チェーンソーのチェーンオイルと燃料(混合油)を入れ間違えた時は目の前が真っ暗になりました・・・

そうですよね。

でも実は、
心配しなくても大丈夫です。


チェーンオイルと混合油を入れ間違えた場合、
チェーンソーのエンジンはかからなくなりますけど、チェーンソー自体が壊れたというわけじゃないので、ちゃんと対処すればすぐに元通りになりますからね。


あーるすイラスト

機械に詳しくない人はうっかりミスで壊れてしまったと絶望するんですよね。


この記事を読んでもらえば、
チェーンオイルと混合油を入れ間違えた場合の対処法が分かるので、「やっちまったな」って人は落ち着いてこの記事を読んでみて下さい。

では、
本題に入っていきましょう!



1.チェーンオイルと燃料(混合油)を入れ間違えるとどうなる?


まずは落ち着いて下さいね。

そしてまず最初にお伝えしたいのは、
「チェーンオイルと燃料(混合油)を入れ間違えたぐらいでチェーンソーが壊れたりすることは絶対にない」ということです。



びっくりする女性イラスト

えっ?
そうなんですか?!

はい、そうなんですよ。

意地の悪い修理屋さんとかだと、「あーやっちゃったねぇ、もうこれ使えないよ」とか言って、新しいチェーンソーをすすめてくる人もいるかもしれませんが、そういう場合は他の修理屋さんを探しましょう。

※オイルと燃料の入れ間違えのことよりも、チェーンソー自体が壊れかけてて「修理する方が高くつく」という理由で買い替えをすすめられる善意の場合もあります。


じゃあ、
「チェーンオイルと燃料(混合油)を入れ間違えるとどうなるか?」という話ですが、それには次の2つのパターンがあります。


チェーンオイルと燃料の入れ間違えの2パターン

  1. ①チェーンオイル注入口に燃料を入れてしまった場合
  2. ②燃料タンクにチェーンオイルを入れてしまった場合



納得する女性イラスト

あーたしかに。
2通りありますねー

そうなんです。

ということで、
次にこの2パターンについて、それぞれ分けて説明していきます。



ケース①「チェーンオイル注入口に燃料を入れてしまった」


まずは1つ目のケースで、

チェーンオイル注入口に燃料を入れてしまった場合

このケースは意外と少ないんですけどね。


そして、
チェーンオイルのところに燃料を入れる分には全く問題ありません。



疑問に思う女性イラスト

えっ、そうなんですか?

そうなんですよ。


チェーンオイルというのは、
木を切る時の木と刃の摩擦熱を起きにくくするためのただの潤滑油なので、極端に言えば「使い古しのサラダ油」とかでも全然イケるんですよ。


使い古しのサラダ油のイメージ


なので、
チェーンオイルと間違えて燃料を入れてしまった場合は、慌てる必要は一切なくて、そのままチェーンソーをひっくり返して間違って入れた燃料を捨ててしまえば良いだけなんです。



あーるすイラスト

燃料は粘り気がなくて「チェーンオイルの代わりにはならない」ので必ず取り出して下さいね。


ということで、
チェーンオイル注入口に燃料を入れてしまった場合は全く心配はいらないわけなんです。



ケース②「燃料タンクにチェーンオイルを入れてしまった」


続いて2つ目のケースの、

燃料タンクにチェーンオイルを入れてしまった場合


これがよくあるケースで、
やってしまうと「壊してしまったかも・・・」と結構テンパるんですよね。



疑問に思う女性イラスト

そうなんですよね・・・
この場合はどうなるんですか?


この場合も、
チェーンソー自体が壊れてしまったわけじゃないので、仕組みを知ってちゃんと対処すれば元通りになるので大丈夫です。


そこでまず、
燃料(混合油)というのはガソリンとエンジンオイルを一定の比率で混ぜ合わせたものなんですけど、この混合油が「燃料タンク→キャブレター→エンジンルーム→プラグの火花→爆発」という流れでチェーンソーの中を流れているのが正常な状態なわけです。


チェーンソーの動く仕組みイメージ

この一連の流れの中で、
キャブレターという燃料と空気を混ぜ合わせる部分がポイントで、そのキャブレターの中にある燃料の通り道がめちゃくちゃ狭くて、そこにチェーンオイルのような粘り気の強い油が入ってしまうと、燃料がちゃんと流れなくなってエンジンがかからなくなるわけです。



納得する女性イラスト

ネバネバ過ぎて詰まっちゃうわけかー

そうそう、そういうことです。

ですから、
部品自体が壊れたりしてるわけじゃないので、間違えて入れてしまったチェーンオイルをすべて取り出して、キャブレターの中の燃料の通り道を開通させれば元通りに戻るというわけです。



あーるすイラスト

キャブレターのOH(オーバーホール=分解洗浄)ができれば一発で解決しますよ。


ただ、
キャブレターのOHは機械にあまり詳しくない人からするとちょっとハードルが高いかもしれないので、次に対処法を簡単な順に3つ説明していきます。



2.チェーンオイルと燃料(混合油)を入れ間違えた時の対処法


チェーンオイルを燃料タンクに入れてしまった場合の対処法は、間違えて入れてしまった後にスターターロープを引っ張ってエンジンをかけようとしたか?まだしてないか?の2つの状況によって異なります。


間違えて入れてしまった後の2つの状況

  1. ①スターターロープを引っ張る前
  2. ②スターターロープを引っ張った後

これが結構大きいんですよね。



疑問に思う女性イラスト

何が違うんですか?

何が違うかと言うと、
スターターロープを引っ張ってしまうとキャブレターの中にチェーンオイルが入ってしまうので、後の手間がうんと増えるんですよね。

では、
それぞれの状況に分けて説明します。



①スターターロープを引っ張る前


まずは、
「チェーンオイルを燃料タンクに間違えて入れてしまったけど、その直後に気付いて、まだスターターロープを引っ張ていない場合」からいきますね。

これは軽傷です。



疑問に思う女性イラスト

キャブレターの中にチェーンオイルがまだ入ってないからってことですか??

そういうことです。

この場合の対処法は、

スターターロープをまだ引っ張る前の対処法

  1. ①エンジンタンクをひっくり返して中身を全部出す
  2. ②ガソリン(混合油でも可)を半分ほど入れて綺麗な棒などでしっかり混ぜる
  3. ③中身を全部出す
  4. ④これを3回くらい繰り返す
  5. ⑤エンジンがかかるまで通常始動をする
  6. ⑥エンジンがかかったら空ぶかしを何度かする。
    ※白い煙が出なくなるまで。
  7. ⑦完了



あーるすイラスト

煙が出るのはエンジンの熱でチェーンオイルが気化している証拠なので、煙が出なくなるまで軽く空ぶかしすると良いですよ。


要は、
キャブレターの中からチェーンオイルを無くすということです。



②スターターロープを引っ張った後


続いて、
「チェーンオイルを燃料タンクに間違えて入れてしまって、スターターロープを引っ張てしまった場合」をいきます。

これは重症化の可能性アリ。



疑問に思う女性イラスト

キャブレターの中にチェーンオイルが入るとそんなに大変なんですか??

そうですねー

機械修理に慣れてる人だと全然問題ない案件なんですけど、慣れてない人だと修理屋さんに頼んだ方が良いかも的な感じな時もあります。


とは言っても、
軽傷で済んでる場合もあるので、一応次の手順を試してみて下さい。


スターターロープを引っ張った後の対処法

  1. ①エンジンタンクをひっくり返して中身を全部出す
  2. ②ガソリン(混合油でも可)を半分ほど入れて綺麗な棒などでしっかり混ぜる
  3. ③中身を全部出す
  4. ④これを3回くらい繰り返す
  5. ⑤「スイッチOFF+チョーク全開+アクセル全開」でスターターロープを死ぬほど引きまくる
    ※ロープが切れないよう力加減はして下さい
  6. ⑥エンジンがかかるまで通常始動をする
  7. ⑦エンジンがかかる気配がなければ⑤を再びやって⑥
  8. ⑧エンジンがかかったら空ぶかしを何度かする。
    ※白い煙が出なくなるまで。
  9. ⑨完了



つまり、
キャブレターに入ってしまったチェーンオイルが少量なら、一度燃料タンクを綺麗にしてから本来の燃料を送り込むことで、チェーンオイルを押し出して開通できることもあるわけです。



あーるすイラスト

なるべくオーバーホールした方が良いですけどね。



ただ最初にも言いましたが、
チェーンオイルと燃料を入れ間違えたくらいでチェーンソーが壊れることはないので、「やっちゃったな」と思ったら、慌てずに一度中身を全部出して、燃料を入れて燃料タンク内をしっかり掃除して、通常始動してみればOKです。


それでエンジンがかからなければ、
上で説明した手順をやってみるか、素直に修理屋さんにお願いしてみるかすれば確実に解決するのでご安心ください。



3.電動式や充電式チェーンソーなら入れ間違えはなくなる


余談になりますけど、
今回のようにチェーンオイルと燃料の入れ間違えはエンジンチェーンソーだから起こる事故なので、チェーンソーを電動式(コード式)か充電式(バッテリー式)にすればこういった問題を気にする必要がなくなりますよ。


【DIY向け】コード式チェーンソー




あーるすイラスト

コード式はエンジン式に比べてパワーは弱いですけど燃料切れがないのが良いですね。



【一般・プロ向け】充電式チェーンソー

※DIY向けの少し安いのもあります。



あーるすイラスト

充電式はバッテリーが重たいので、ガイドバーの短いタイプの方が使い勝手は良いような気がします。




4.まとめ


ということで今回は、
チェーンオイルと混合油(燃料)を入れ間違えた時の対処法についてお話してきましたが、いかがだったでしょうか?



疑問に思う女性イラスト

なんか安心しました!

ですよね。


というのも、
僕自身20年くらい前に知り合いから借りたチェーンソーでこれをやってしまいまして、「壊してしまったー!!」と大慌てして修理屋さんに持ち込んだ苦い経験があるんですが、今なら「別に大した問題じゃない」ということが分かるので、同じような思いをしてる人のお役に立てればなという気持ちでこの記事を書いたわけですw


なので、
ご安心ください。


そのチェーンソーは壊れてませんから👍


ということで、
今回はこれにて失礼します。

2022/5/25 記事作成


\ チェーンソーをもっと知りたい人は /
こちらをどうぞ。

「チェーンソー」関連
一覧ページへ
please tap this button!
スポンサーサイト



✅【Amazonで見る】【楽天で見る】【Yahoo!ショッピングで見る】ボタンは即購入ではありません。

コメント欄
コメントはこちらからどうぞ

お名前:
メール:
件 名:

本 文: