【100均で代用】スピーカーの表面の布(サランネット)の交換方法|結構簡単です。

サランネット交換サムネイル

こんにちわ、あーるすです☆

今日は、
スピーカーのサランネット交換方法を紹介していきます。



疑問に思う女性イラスト

サランネットって何ですか??


確かにあまり聞かないですよねー

サランネットというのはスピーカーの表面に張ってある布のような物のことで、これを張ることによって埃や水などの故障の原因になるものからスピーカーを守ってくれるシールド的な働きをしています。


サランネットイメージ


今回は、
このサランネットが破れたり汚れたりした時の交換の様子を紹介します。



あーるすイラスト

素人でも交換できるので、やってみようと思う人はぜひ挑戦してみて下さい。


では、
本題に入りましょう。



1.スピーカーのサランネットは交換できる


スピーカーの表面の布のような物を「サランネット」というわけですが、このサランネットにちょっと何かがぶつかって破れてしまったり、コーヒーなどをこぼして汚してしまって困った人もいるんじゃないでしょうか?


そうなると、


疑問に思う男性イラスト

もう買い替えるしかないのかな?

ってなりますよね。


ところが、
このサランネットは自分で交換することができるんですよね。


こんな感じです。

サランネットが破れたスピーカー画像 右矢印 サランネット交換後の画像




あーるすイラスト

思ってるほど難しくないですよ。



2.サランネットってどんなの?


サランネットが自分で交換できるとなれば、
「じゃあサランネットってどんなものを使えばいいの?」という話ですね。



疑問に思う女性イラスト

専用の素材とかあるんじゃないんですか?

それはもちろんあります。

こんなのですね。



ただ、
サランネットの主な目的は「ゴミを中に入れない事」なので、細かい音質とかにこだわらなければ100均にあるような物でも十分代用できます。




あーるすイラスト

ドライメッシュシャツなら安くてカラーバリエーションもあってデザイン的にも楽しめるみたいですよ。


こんな感じですね。




3.サランネットはどこで売ってるの


となると、
「サランネットはどこで売ってるの?」って話になってきますよね。



疑問に思う女性イラスト

やっぱり楽器店とかになるんですか?


そうですね。

「サランネット」として探すなら当然楽器店がおすすめなんですけど、他にも色々探してみると、ホームセンターで置いてる所があったりもするようですし、Amazonとかのインターネットなら「サランネット」と検索するだけでどんどん出てきます。



あーるすイラスト

インターネットならわざわざお店に行かなくても良いですし、近くに店が無いような地域でも買えますからね。


しかも、
今や100均商品でもネット販売してますし、このあと実際の作業の様子で紹介するのは100均のクッションケース(リンク)を利用した方法です。



4.サランネットの交換の手順


それでは本題です。

サランネットの交換手順は次の通り。

サランネットの交換手順

  1. ①サランネットの材料を準備する
  2. ②スピーカーからサランネット部分を取り外す
  3. ③古いサランネットをはがす
  4. ④新しいサランネットを張る
  5. ⑤スピーカーに取り付ける



疑問に思う女性イラスト

サランネットは取り外せるようになってるんですか?


そうですね。

サランネットは基本的に交換できるようになっていますが、中華製の安いスピーカーとかだと取り外せないようになってたりすることがあるので全部が全部というわけではないんですけど、だいたいはできますよ。


では、
全体の流れをざっくり説明していきます。



①サランネットの材料を準備する


まずは、
古いのと取り換えるサランネットを準備します。


今回は、
100均のクッションケースを使いました。

スピーカーのサランネットに使った100均のクッションケース画像




あーるすイラスト

実を言うと、
これ見つけるのに1時間ぐらい100均の中を物色しましたw




②スピーカーからサランネット部分を取り外す


続いて、
スピーカーからサランネットを固定している部分を取り外します。


この時、
スピーカーの本体部分も取り外せそうなら取り外しておいた方が作業が格段に楽になると思います。

スピーカーのサランネット部分を分解した様子




あーるすイラスト

この後、
中央の丸いスピーカーの本体部分も取り外してます。




③古いサランネットをはがす


続いて、
サランネットの固定部分が取り外せたら、古いサランネットを撤去します。


サランネットが破れたスピーカー画像


この時、
サランネットはタッカーでとめてあったりするので、できればタッカーの針を丁寧に抜いておいた方が新しいのを張る時に作業しやすいんですが、見える部分ではないので、そのままにしておいても問題はありません。



あーるすイラスト

古いスピーカーとかだと針がサビついてて抜けにくかったりしますからね。




④新しいサランネットを張る


そして、
古いサランネットの撤去が終わったら新しいサランネットを張っていきます。


今回は、
100均のクッションケースを使うので、クッションケースのチャック部分を切り取って、残った袋部分を半分に切りました。

クッションケースを分解した様子



布の準備ができたら、
それをサランネットの固定部分に張り付けていきます。

クッションケースを貼り付けている様子



サランネットを貼る時のコツ

  1. ・網目の縦・横のラインが真っすぐになるように
  2. ・引っ張る力を均等にするイメージで
  3. ・全体を張るよりも1つずつ進めていく感じで



スピーカーのサランネット貼り終えた様子




あーるすイラスト

サランネットは化繊だと伸び縮みするので麻が良いという情報もありました。




⑤スピーカーに取り付ける


サランネットの貼り替えが終われば、
最後にサランネットの固定部分をスピーカーの枠に取り付けて作業完了。

サランネット交換後の画像




あーるすイラスト

この100均のクッションケースって思ってたより良い感じに仕上がりますよ。



5.まとめ


ということで今回は、
【100均で代用】スピーカーの表面の布(サランネット)の交換方法というお話でしたが、いかがだったでしょうか?



やる気な女性イラスト

私でも出来そうな気がしてきました!


そうでしょ。
やる気があれば必ずできると思います。


今回は、
節約術として100均のクッションケースで代用する方法をお伝えしましたが、やはり音質的なことで言うと、サランネットはやはり専用の物を使った方が良いとは思います。



あーるすイラスト

サランネットで音の響きが変わったりしますからね。


なんにせよ、
スピーカーのサランネットは自分で交換することができるので、やってみようと思う人はぜひ挑戦してみて下さい。


ということで、
今回はこれにて失礼します。


2022/7/5 記事作成

スポンサーサイト



✅【Amazonで見る】【楽天で見る】【Yahoo!ショッピングで見る】ボタンは即購入ではありません。

コメント欄
コメントはこちらからどうぞ

お名前:
メール:
件 名:

本 文: